銀行への振込みまたは現金の手渡しが主流です

買取後の料金の受け取り方法について

ピアノ買取の料金受け取りについて

◆ 業者で異なるが多くはその場で現金支払い

ピアノの買い取ってもらう場合、ズバットピアノ買取比較のように一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。そうすることでいくつかの買取業者から見積もり査定を受けることができ、最も高額で買い取ってくれる業者を選べるからです。無事に手続きが済み、当日になって滞りなく受け渡しが完了した場合、次は料金の支払いに移ります。ここで心配になってくるのが、どのような支払い方法が採用されているか?についてです。

これは買取業者によって異なりますが、ほとんどは銀行振込、もしくは引き取りの際に運送スタッフから現金で支払われるのが一般的です。多くはその場でお金を支払ってくれるのでとても便利です。例えば、今あるピアノを買い取ってもらい、次のピアノを購入するための費用として充てたい場合はやはり当日に支払いをしてもらった方が何かと便利です。また、引越しを行う際にピアノは別途料金がかかることが多く、これを機に買取して欲しいという人も多いです。

そのような場合もやはり引き取りの際に現金で支払われた方がすぐに引越し費用に充てられるので便利でしょう。料金の支払い方法については各自買取業者に問い合わせをしましょう。場合によっては本来は銀行振込を採用しているけれど当日に現金を手渡ししてくれるなど柔軟に対応してくれることもあります。

引き取りが決まってからキャンセルはできる?

◆ 業者によってはキャンセル料が発生する

複数のピアノ買取業者から査定を出してもらい、一番納得のいく業者を見つけられたら次は引き取りの予約日を決定します。ほとんどの場合は1週間から2週間後に引き取り日を決定しますが、ユーザーの都合や希望によっては翌日や翌々日が引き取り日に設定されることもあります。しかし、引き取り日を設定したにもかかわらず他の買取業者の方がもっと良い条件で買取をすると連絡してきた場合は当然そちらに切り替えることを検討するでしょう。そこで気になるのが、ピアノの引き取りが決まっているにもかかわらずキャンセルはできるのか、ということです。

基本的に買取業者によって対応は異なるもののキャンセルを受付てくれます。もちろん引き取り日当日にいきなりキャンセルするのは社会人として常識が疑われますので少なくとも前日、前々日までには連絡を入れておきたいところです。しかしここで注意しなくてはならないのが買取業者によっては取引日が決定した後にキャンセルを行うとキャンセルが発生することがある、ということです。キャンセル料が発生する業者は契約書に明記されているため、キャンセルする可能性があるならこれらの業者を選ばない方が良いでしょう。もちろん査定依頼だけなら一切料金はかからないのでキャンセル料の心配をする必要はありません。